ホームページのSEO対策を行う重要性とは

不動産業に限らず、集客を目的としたホームページの役割で最初に考えるべき事は「SEO対策」だと言えます。
SEOとは主にGoogle等の検索エンジン上で、自社サイトが出来るだけ上位に多く表示される事を目的としたもので、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

SEO対策の方法としては、検索エンジンの上位に上がるようなワードを選定したり、コンテンツを整理してサイトの内容をブラッシュアップして最適化する事が挙げられます。
これらの作業によりホームページ閲覧者を増やす事で、集客力の向上を図る事が出来るとされており、昨今のホームページ戦略上ではこのSEO対策を基準にホームページ作成が行われています。
ここでは、それらSEOに関する基礎知識や対策などを紹介していきます。

ホームページ作成時に意識したいSEO対策

不動産では「不動産」「エリア」などの組み合わせ

ホームページを作成する上で大事な事は、訪問者のニーズに最適化した情報を網羅する事です。
不動産会社のホームページに訪れる訪問者は、何らかの物件を探している事がほとんどです。
そのため、情報を検索する時には「不動産」「エリア名」などを組み合わせた形で検索する事が多く、これらの検索ワードがSEOでのキーワードとなります。
ホームページを作成する際には、これらのキーワードをホームページの中に盛り込んでいくことが必要となります。

キーワードを盛り込み過ぎてはいけない

このキーワードを盛り込む際には、いくつかの注意点があります。
まず、「キーワードを盛り込み過ぎない」という事です。
実際にホームページを作成する時には、不必要に多過ぎる単語はマイナス要因となり、検索結果から除外される原因となってしまいます。
そのため、キーワードを盛り込む際には本文全体の10%以下になるように文章を作ってください。

情報量が多く、オリジナル性の高い文章を書く

次に、実際に文章を書く際には、「できるだけ情報量が多く、専門性やオリジナル性の高い文章を書く」ことを心がけてください。
Googleでは、ホームページを開いた時に最初に表示される「ファーストビュー」の内容から検索順位を割り出すとされています。
そのため、文章を書く際はページの上部:中部:下部に、2:1:1 の割合でキーワードが含まれるようにするのが効果的です。

訪問者に最適化された有益な情報がSEOの鍵

この際、ただ文章にワードが含まれるだけでは有益とは判断されず、ページ全体が持つ情報の価値が決め手となります。
訪問者のニーズを考え、できるだけ訪問者のために最適化された有益な情報を提供する事が、SEOの鍵を握っていると言えるでしょう。

キーワードの選定方法

検索されそうなワードをリストアップ

SEOキーワードを選定する際には「検索上位に表示される事」「利益を上げる事」の2点が重要なポイントとなります。
そこで選定の際には、まずホームページを閲覧するユーザーが検索時に用いそうなワードを何種類かリストアップします。

キーワードツールを活用しよう

この際、Googleキーワードプランナーなどのキーワードツールを使うと便利です。
キーワードツールは、単語やフレーズを検索する事で、その単語がどのような組み合わせで用いられているかを調べる事ができます。
これを使い、検索ボリュームの多い単語などを調べる事で、ユーザーが何を求め、どんな事を検索しているかを推測する事ができます。
Googleのオートコンプリート機能等も併用すれば、現在検索頻度の高いワードを見つける事もできるため、これらのツールを用いてキーワードを最適化して選定してみてください。
(例:不動産 格安、不動産 ○○(エリア名)、賃貸 人気等)

前記したとおり、ホームページによるマーケティングでは「検索上位に表示される事」「利益を上げる事」が重要となります。
特に検索結果はリアルタイムで変動していくものなので、定期的なワードの管理が必要です。
その時々の時節や流行などに合わせて、人気のある言葉を選びながらワードの最適化と選定を行ってください。

良いタイトル・説明文を作るには

ホームページを作成し、記事を書く際にはタイトルと説明文をつける事が必要となりますが、これらのつけ方にもいくつかのポイントがあります。

タイトルに検索キーワードを盛り込む

1つ目は、タイトルに検索キーワードを盛り込む事です。
ただし、タイトル一つにいくつも同じワードを入れてしまうと、検索時に表示されなくなったり、逆に検索順位が下がってしまう事があります。
そのため、「タイトルにはキーワードを必ず入れるが、個数は1~2個にとどめる」という事を意識してください。

簡潔なタイトルにする

2つ目に重要なのは、タイトルを簡潔にする事です。
あまりにも長すぎるタイトルでは、検索結果に表示しきれない事も有るため、タイトルの文字数は25~30字程度にしてください。
この際、キーワードと合わせて、ページの内容が一目でわかるようなタイトルにする事が重要となります。

説明文(description)にもキーワードをいれる

続いて、説明文(description)の書き方です。
説明文は検索時に表示されるページ内容の説明で、meta-descriptionタグに書かれた内容にあたります。
100~120文字程度の文字数で、できる限り簡潔にページ内容をまとめてください。
この説明文内にもSEOキーワードを盛り込み、ページ内容と合致するような文にする事が重要となります。

まとめ

しっかりとしたSEO対策が集客のポイント

SEOキーワードの設定は、ホームページそのものの集客率を大きく左右する要素です。
こまめな情報収集と、定期的なチェックが必要となるため難しく思えるかもしれませんが、その分リターンも大きく、広告費の削減や集客率の向上に直結する大切な要素です。
ぜひしっかりとしたSEO対策を行い、マーケティング戦略の強化に役立ててみてください。

無料ノウハウ資料をプレゼント

売買集客でお悩みの方向けに、費用対効果を上げる秘訣を公開中!
「多くの広告費をかけているのに、反響に繋がらない。」
「数ある集客法で一番効果があるものを知りたい。」
そういった方のために、反響に直結する集客方法の資料をプレゼントしています。
ぜひご活用ください。
下のリンクからダウンロードできます。

費用対効果を向上する! 集客の3ステップ

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事