賢くリーシング業務!空き家・空きスペース活用術

不動産において最重要業務とも言えるリーシング業務。
しかしどうしても空きが残るのはつきもの。
そう思って諦めていないでしょうか。

しかし、成功している不動産会社はその「空き」をうまく活用することで収益を上げています。
今回は、最近話題の民泊・空きスペースを使ったサービスをご紹介します。

話題の民泊

最大手『Airbnb』

『Airbnb』https://www.airbnb.jp/

"どんなお家やお部屋でも、Airbnbに登録すれば簡単かつ安全な方法で収益を得ることができます。
世界の何百万人もの旅行者が、あなたのお家のようなユニークなお部屋を探しています。"(ホームページより)

民泊ブームの立役者とも言えるAirbnb。
世界中に広がるネットワークが強みで、日本での利用者も増加しています。
今年6月には民泊新法が施行されるので、動向には要注目です。

民泊可能物件を探す『民泊物件.com』

『民泊物件.com』https://minpaku-bukken.com/

"民泊物件.comは民泊ビジネスを始めたいあなたのための国内最大の民泊物件情報サイトです。

町の不動産屋さんや不動産ポータルサイトはそもそも「民泊」を前提としていないので、「民泊・転貸可能」かどうかの情報を持っていません。
実際に「Airbnbをやりたい」「転貸可能な物件が欲しい」と尋ねても門前払いです。
また、探すのが難しいからといって家主に無断で民泊・転貸を行うと法律・契約違反でトラブルのもとになります。
ここ1年で無断民泊が発覚し即刻強制退去となった例は数え切れません。

安全かつ堅実に民泊ビジネスを始めるためには、最初から「民泊可能」な物件を借りることが不可欠です。
民泊物件.comに掲載されている物件は「全て民泊・転貸可能物件」です。"(ホームページより)

ユーザーへの貸出を主とするairbnbと異なり、「民泊に出せる物件」を賃貸するためのサイト。
民泊に興味のある不動産会社や、民泊に抵抗はないが自分たちでユーザーとのやり取りが手間だと感じている会社様、まずはここから初めてみてはどうでしょうか。

空きスペースで効率利用

物件掲載数No1『スペナビ』

『スペナビ』https://supenavi.com/

"レンタルスペースの掲載数3,470件

スペなびは東京・大阪を中心に全国のレンタルスペースを最安値でご提供させて頂いているレンタルスペース専用の検索サイトです。
全国でNo.1の掲載数を誇るレンタルスペース検索サイトを運営しているからできる、コンシェルジュサービスでご希望のスペース探しをお手伝いします。
全国のあらゆるレンタルスペースを網羅しています。"(ホームページより)

日中の時間貸しを主とする空きスペースサービス。
パーティーや撮影、会議など幅広い用途で利用可能で、人気が高まってきています。

『スペースマーケット』

『スペースマーケット』https://spacemarket.com/

"空きスペースがお金に変わる!
利用ユーザー数30万人の スペースマーケットで 今すぐ収益アップ!
あなたがお持ちのスペースを1時間単位から貸すことができます。

イベント開催・経営会議・社員研修などのビジネス利用から 結婚式・誕生会などのパーティー利用まで、幅広いシーンに利用されています"(ホームページより)

週末店長をお手伝い!『軒先.com』

https://www.nokisaki.com/

"軒先ビジネスは、だれでも簡単にお店が開けるサービスです。あなたの「いつか叶えたい夢」を今すぐ叶えるお手伝いをします。
いつか自分のお店を持ちたい、お教室を開きたい、というあなたの夢、今すぐ実現させませんか?
軒先ビジネスは、あなたのビジネスの最初の一歩を応援します。"(ホームページより)

一般的な空きスペースと違い、ビジネス目的での活用に絞ったサービス。
週1日だけ飲食店を開きたい、定期的に作ったものの販売場所がほしい、などのニーズに対応します。
ビジネスとしての借り手が多いため、比較的信用度も高いことがメリットです。

駐車場なら!『akippa』

https://www.akippa.com/

"個人宅やマンション、事業所に空いているスペースがある方に朗報。akippaで貸し出して収益化しましょう!"(ホームページより)

こちらは空き駐車場の時間貸しサービス。
部屋は埋まっているのに駐車場に空きがある、そんなときにも活用可能です。

まとめ

サブリース問題も取り沙汰され、空き家問題はより深刻化しています。
これから成長する本分野に注目です。

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事