不動産会社が顧客管理システムを導入すべき3つの理由

顧客管理とは、WEB上やご来店で接触したお客様の情報や応対履歴を管理・分析し、お客様との関係性を作ることによって売上の拡大と収益性の向上を目指す手法です。
CRM(Customer Relationship Management)とも略されます。

顧客管理をExcelシートや紙で行っている会社も多いと思います。
その一方で、インターネット上でのお問い合わせが多くなる中で、顧客管理のシステムを導入しようと考えている会社が多い事もまた事実です。では顧客管理システムを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は顧客管理システムを導入することによる3つのメリットについて解説します。
これから導入を考えている方はもちろん、導入したが上手く活用できていない方も、改めて見直して、売上の拡大につながる運用を行いましょう。

1.他社との差別化が可能になる

複数社を検討している場合、まったく同じ物件を扱っているのならば、あなたはどのように契約する会社を選択するでしょうか?
それはその会社への信頼によって選択されます。そして信頼は以前した話を覚えていてくれているか、連絡は頻繁にしてくれるか、という小さなことの積み重ねによってつくられます。しかし一日に何人もの方に会う営業マンがお客様一人一人を覚えているということは難しいですよね。

顧客管理システムを使うことで、どのお客様に、いつ、どんな話をして、どのようなステータスか一目で確認できるように管理することができます。

2.来店前のメール対応の効率化

ポータルサイトのお問い合わせは、複数社に一括で行われていることがほとんどです。
それにも関わらず、賃貸のお部屋探しの際に訪問した店舗数は平均で1.5店舗というデータがあります。つまり来店する1社に貴社がなることが、契約数を増やすために重要視すべきことです。

では2分で連絡がくる会社と1日後に連絡がくる会社のどちらと連絡をし、来店してみようと思うでしょうか。答えは言わずもがな前者ですね。
顧客管理システムを導入することで、ポータルサイトの初期対応の自動化が可能になります。また接触後、いつ連絡すべきか、ステータスはどうなっているかの確認が容易なので、追客漏れの防止にもなります。

3.顧客管理に貯めたデータを活用できる

エクセルや紙で管理しているデータ、いつ見返していますか?
全く見返さないよ、という方も多いのではないでしょうか。
システム上で管理を行うと、反響元や成約物件・顧客の傾向などのデータが自動で可視化され、営業や経営の課題を見つけやすくできます。

顧客管理とはお客様との関係を構築すること

顧客管理システムを活用することの一番の目的は、お客様との関係性を構築することです。丁寧親切な接客を行うことで、次回引っ越し時にリピーターとして来店していただけたり、知人を紹介していただけたりと、チャンスが広がっていくのです。
その輪を広げていくことで、売り上げの最大化が可能になります。

なお、いえらぶCLOUDにも顧客管理機能が含まれています。
ぜひチェックしてみてください。

不動産の顧客管理(CRM)
物件のご紹介・ご案内・ご契約からその後まで顧客との接点を統括管理し、サービスの質を担保することで顧客との関係性を長期的に図る

関連記事
追客をシステム化!不動産向けCRM・顧客管理機能導入のポイント
メールの開封率を上げる!初回対応の2つのポイント
お誕生日メールを活用しよう!
HTMLメールを始めてみよう!
売上改善の最短ルート!業務分析をしてみよう

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事