【不動産ホームページ】反響が増えない原因と対処法

ネット反響について

スマホの普及をみるともっとネット反響をとりたいとか、ホームページを活かして反響を増やせたらいいな〜と思いませんか?ホームページは一度開設すれば、ネット上で自分の店舗を持てたようなもの。折角なら活用して、反響を狙っていきたいところですね。

今回は反響率の考え方から反響率が低くなってしまう原因や反響を増やす方法が分かるようになっています。反響を増やして、売り上げを伸ばしていきましょう!

不動産ホームページの反響率とは

そもそも反響率とは不動産ホームページにアクセスされた回数に対してお問い合わせがあった割合を意味します。IT業界では、お問い合わせをコンバージョン(目標となる成果)として、反響率のことをコンバージョンレート(CVR)なんて表現することもあります。
そして反響率には基準となる値があります。不動産業界でよく言われるのが0.5%〜1%です。だいたい100〜200アクセスで1件の反響を獲得するぐらいの感覚になります。まずは自社ホームページや広告の反響率が、この範囲にあるかどうかを確認しましょう。万が一この値よりも低ければ、反響率が低い原因を分析し改善を行うべきです。

反響率が低くなる不動産ホームページ

ここからは反響率が低くなってしまう原因を確認していきましょう。

反響率が低い原因(1)- 情報量が少ない

ホームページ内の情報量が少ないと反響率が下がってしまいます。例えば物件の掲載数が少なかったり、扱っている物件の範囲が広すぎたり、狭すぎたりするとエンドユーザーから見たときに「欲しい情報がなさそう…」と感じるものです。求める情報がないホームページならすぐに他のホームページに移動するのはあなただけではなく、ユーザーも同じこと。限られた情報だけになっていないか確認してみましょう。

反響率が低い原因(2)- ホームページの見た目が悪い

ホームページの見た目が悪いとユーザーはそのホームページに良い印象を持てません。簡素すぎたり、逆に情報量が多すぎたりすると反響獲得は難しくなってしまいます。

不動産ホームページの反響数を増やす方法

反響率が低くなる原因と基準値を確認したところで、次は反響数を増やす方法を見ていきましょう。

加えてホームページで反響をとっていくためにやるべきことは主に次の2つあります。それがリスティング広告SEO対策です。

リスティング広告は検索結果でホームページを上位に表示させ、1クリックごとに料金が発生するものになります。一方でSEO対策は検索エンジン最適化を意味し、コンテンツ、キーワードなどを選定して検索結果の上位に表示させる施策です。

これら2つを行っていくことで、ホームページへのアクセス数を増やすことができます。またLPO(ランディングページ最適化)対策も一緒に行えば反響を獲得しやすい不動産ホームページになっていきます。

ネット反響を契約につなげるためにやるべき3つのこと

最後にネット反響を契約につなげるためにやるべき3つのことを確認していきましょう。

反響の価値を意識する

まずはネット反響の価値が実際いくらぐらいになるのか、意識して行動することです。反響1件当たりの価値を意識するだけで、取り組み方の姿勢が変わっていきます。
例えば月に100件の反響があり、契約につながるのは10件で、1契約当たりの売り上げが両手で10万円だとします。すると反響1件当たり...
10万円 × 10(契約数) ÷ 100(反響数) = 10,000円になります。
ネットからのお問い合わせ1件当たり10,000円の価値があると認識するだけでも、契約につなげる意識が強くなるものです。

初回の対応は1時間以内に

ホームページやポータルからのお問い合わせがあった際にはできるだけ1時間以内に対応することを心掛けましょう。1時間以内に対応することでお客様からの返信が約3倍(いえらぶ調べ)になることがわかっています。

追客メールは4回以上

一度メールを送ったからといって、ユーザーがメールを確認しているとは言い切れません。また、何度もメールを送るのは「相手に失礼かな…」と思う気持ちもわかりますが追客メールは4回以上送ることで、その後につながる可能性が高くなります。詳しくは「返信率3倍!メール追客を成功させる2つのルール」で紹介しています。

まとめ

パソコン、スマホの普及に合わせて不動産会社様もホームページを利用して反響を獲得していく必要があります。自社ホームページの反響率を把握し、より反響を獲得するためにやるべきことを見つけていきましょう。とはいえネットの反響はついつい軽く扱ってしまいがちです。そこで反響一件当たりの価値をしっかり意識して、ホームページで得られた反響を契約につなげていきましょう。

「ホームページ作成」
業務負担軽減を図りつつ、顕在層の囲い込みや契約率アップを目指せるホームページを作成できる

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事